マリア祭

5月は聖母月と言われています。フィリピン、スペイン、世界中ではフローレンスマリアと言われ、みんながお花を捧げたり、踊りをしたり、お祈りしたりします。

5月28日(火)大雨の中ですが、たくさんの人がマリア祭にきてくれました。ありがとうございます。
マリア様の前には、色とりどりの綺麗な花がたくさん捧げられ、次々と飾られていきました。

この日、子どもたちは一人ひとり花を嬉しそうに持ち、登園するときに見せてくれました。マリア様へ持って行くお花なんだよ。と…

教会では神父さんからお祈りとお話がありました。また祝福をしてくださり、ギターでの歌を聴かせてくれました。
神父様の『マリア様ってどんな人?』の問いかけに、『優しい!』という子どもたちの声が返ってきました。

―そうだね、優しい人だね。優しくていつも見守ってくれている人だよね。マリア様はみんなのお母さんです。歌にもあるね。
🎵マリア様の心、それは青空、かしの木🎵

強くて、優しくて、大きい広い心の人ですね。マリア様はイエス様のお母さんなんだよ。だから一番神様に近い女の人なんだよ。

みんなの気持ちや、みんなの心、みんなの思いを神様に届けてくれますよ。喜びも悲しみも神様に届きますように。お祈りしましょう。

Top